実用とお洒落を兼ね備えた印鑑

印鑑イメージ

地殻というものは、地球を構成しているものです。
この地殻の成分として、9番目に多い元素があります。
では、この元素が何なのかわかるでしょうか?

地殻の成分として9番目に多い元素。
それは、「チタン」です。

しかし、自然界に豊富にあるはずのチタンは、集積度がそれほど高くないということと、製錬が難しいという問題があり、金属として用いられるようになったのは最近の話です。
チタンという言葉を頻繁に聞くようになったのは、そう古い話ではないのです。

チタンは、プラチナや金とほぼ同じ耐食性を持っているという特徴があります。
これは、酸化物が安定していることとと、空気中では酸化物の被膜で表面が保護されているためです。

強度、耐食性、耐熱性などに優れているチタンは、さまざまなものに利用されています。
チタン製のゴルフクラブや自転車は、誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか。
このチタン、実は印鑑にも利用されています。

強度、耐食性、耐熱性などに優れているため、チタン製の印鑑は実用的な印鑑と言えるでしょう。
朱肉のノリと朱肉離れが良いので、印鑑を押した際に、綺麗な印影を残すことが出来ることも特徴の一つになっています。
すり減りにくい、欠けにくいという実用性のあるチタン製の印鑑ですが、チタンの持つおしゃれ感から、格好の良い印鑑として持つ人もいます。

実用とお洒落を兼ね備えた印鑑がチタン製の印鑑です。
こうしたことから、チタン製の印鑑は理想の印鑑とも言えます。

ページの先頭へ